三木市周辺の賃貸|株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店 > 株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件における瑕疵物件とは?物理的瑕疵と心理的瑕疵の違いも解説

賃貸物件における瑕疵物件とは?物理的瑕疵と心理的瑕疵の違いも解説

≪ 前へ|家具家電の購入と家具家電付き賃貸物件を比較!メリットとデメリットをご紹介   記事一覧   ぺット可賃貸物件の原状回復とは?ペット特約やぺット不可物件についても解説|次へ ≫

賃貸物件における瑕疵物件とは?物理的瑕疵と心理的瑕疵の違いも解説

賃貸物件における瑕疵物件とは?物理的瑕疵と心理的瑕疵の違いも解説

あなたは、「訳あり物件」という言葉を耳にしたことがありますか。
訳あり物件のことを正式には、瑕疵物件といいます。
今回は、賃貸物件における瑕疵物件の概要や、物理的瑕疵物件と心理的瑕疵物件の違いを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における瑕疵物件とは

「瑕疵」の読み方は「かし」で、瑕疵物件は不具合やトラブルがある物件を指します。
そんな瑕疵物件には、4つの種類が存在します。

●物理的瑕疵物件
●心理的瑕疵物件
●法的瑕疵物件
●環境的瑕疵物件


よく耳にする、怪奇現象などが起きるとされる「事故物件」は、心理的瑕疵物件に当てはまります。

賃貸物件における物理的瑕疵物件とは 

物理的瑕疵物件とは、物理的に重大な欠陥がある土地・建物のことをいいます。
土地に関する瑕疵の例は、地盤沈下が起きていたり、地中に埋没物が埋まっている土地などです。
建物に関する瑕疵としては、雨漏りやひび割れ、シロアリ被害にあっている建物などです。
そして、物理的瑕疵は心理的瑕疵物件に比べて、目に見えやすいです。
また、物理的瑕疵がある場合、貸主は重要事項として契約時に告知する義務があります。
口頭での説明にくわえて、書面としても残しておかなければなりません。
もし、告知義務があるにも関わらず貸主が借主に伝えなかった場合、借主は損害賠償や契約解除を求めることができます。

賃貸物件における心理的瑕疵物件とは 

心理的瑕疵物件とは、過去に起きたできごとの影響で心理的に嫌悪されている物件のことです。
心理的瑕疵は、どのラインから告知義務が発生するのか判断基準を定めることがもっとも難しいとされています。
たとえば、室内で自殺があった場合は告知義務があると判断しやすいですが、自殺未遂をしてその後病院で亡くなった場合はどうでしょう。
このような場合は、過去の例を見て判断していきます。
そして、心理的瑕疵物件の告知義務はいつまでなのか期間が決まっているのが特徴です。
1つ目は、発生からの経過年数で決まります。
自殺が発生した場合、賃貸であれば3年程度、売買であれば6年程度経過するまでは告知義務が発生します。
もう1つは、発生からの入居者変更や転売がおこなわれた場合は、告知義務がなくなるといわれています。

まとめ

今回は、賃貸物件における瑕疵物件の概要や、物理的瑕疵物件と心理的瑕疵物件の違いを解説しました。
瑕疵がある場合、売主や貸主は重要事項として契約時に告知する義務があるということを覚えておきましょう。
私たちアパマンショップ三木店は三木市、小野市周辺の賃貸物件の情報を豊富に取り揃えております。
お引っ越しをご検討されている方はぜひ当社にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|家具家電の購入と家具家電付き賃貸物件を比較!メリットとデメリットをご紹介   記事一覧   ぺット可賃貸物件の原状回復とは?ペット特約やぺット不可物件についても解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店
    • 〒673-0532
    • 兵庫県三木市緑が丘町中2丁目1-10
    • TEL/0794-87-7888
    • FAX/0794-85-3731
    • 兵庫県知事 (9) 第350179号

      (公社)兵庫県宅地建物取引業協会
      (公社)全国宅地建物取引業保証協会
      全国賃貸管理ビジネス協会
      アパマンショップネットワークFC加盟店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約