三木市周辺の賃貸|株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店 > 株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店のスタッフブログ記事一覧 > バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介

バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介

≪ 前へ|賃貸物件で一人暮らしにかかる費用とは?生活費の目安についてもご紹介   記事一覧   賃貸物件での火災保険の種類や補償内容をご紹介|次へ ≫

バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介

バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介

転勤や大学入学などの理由で、新しく住む賃貸物件を探している方もいると思います。
賃貸物件を探していくなかで、バス・トイレ別の条件は譲れない方もいるのではないでしょうか。
この記事では、バス・トイレ別の賃貸物件のメリット・デメリットについてご紹介しています。
バス・トイレ別の賃貸物件に住みたい方は参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

バス・トイレ別の賃貸物件のメリット

バス・トイレ別の賃貸物件のメリットの1つは、お風呂に洗い場があることです。
浴槽にお湯をためた状態で、洗い場で体を洗えるため、バス・トイレ別の賃貸物件は人気です。
ユニットバスの場合、浴槽のなかで体を洗うため、お湯を貯められません。
ゆっくり湯船に浸かって疲れを取りたい方は、バス・トイレ別の賃貸物件がおすすめです。
また、シャンプーやリンス、ボディーソープなどの置き場に困らないこともメリットです。
浴室には、シャンプーやリンス、ボディソープなど体を洗うためのものを置きます。
ユニットバスだと、バスとトイレが一緒のため、シャンプーやリンスなどを置くスペースがありません。
浴室にゆったりとしたスペースがほしい方には、バス・トイレ別の賃貸物件がおすすめです。

バス・トイレ別の賃貸物件のデメリット

バス・トイレ別の賃貸物件のデメリットの1つは、家賃が高くなりやすいことです。
バス・トイレ別の物件はメリットが多く人気があり、すぐに入居者が入る傾向にあり家賃が高く設定されます。
また、バス・トイレ別の物件は部屋にある程度の広さが必要になり、設備の導入にも多くのコストがかかるため、ユニットバスの賃貸物件にくらべて、家賃は高めです。
部屋が狭くなってしまうことも、バス・トイレ別の賃貸物件のデメリットです。
バスルームとトイレが別の部屋に分かれているため、同じ専有面積でユニットバスと比べると、バス・トイレ別は部屋が狭くなります。
実際に内見したときの部屋の広さの印象から、住みたい部屋を選ぶのが良いでしょう。
掃除が少し面倒になるのも、バス・トイレ別の賃貸物件のデメリットです。
バス・トイレ別の賃貸物件の掃除の範囲は広いため、掃除の時間が多くかかります。

まとめ

バス・トイレ別の賃貸物件にはさまざまなメリットがあります。
洗い場が広く浴槽に浸かれることや、シャンプーやリンスなどを置くスペースがあることなどの理由から人気です。
メリット・デメリットを把握してうえで、自分に合った物件を決めるようにしましょう。
私たちアパマンショップ三木店は三木市、小野市周辺の賃貸物件の情報を豊富に取り揃えております。
お引っ越しをご検討されている方はぜひ当社にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件で一人暮らしにかかる費用とは?生活費の目安についてもご紹介   記事一覧   賃貸物件での火災保険の種類や補償内容をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店
    • 〒673-0532
    • 兵庫県三木市緑が丘町中2丁目1-10
    • TEL/0794-87-7888
    • FAX/0794-85-3731
    • 兵庫県知事 (9) 第350179号

      (公社)兵庫県宅地建物取引業協会
      (公社)全国宅地建物取引業保証協会
      全国賃貸管理ビジネス協会
      アパマンショップネットワークFC加盟店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約