三木市周辺の賃貸|株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店 > 株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でオール電化?オール電化の概要とメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件でオール電化?オール電化の概要とメリット・デメリットをご紹介

≪ 前へ|賃貸物件のベランダを目隠しする方法をご紹介!   記事一覧   分譲なのに賃貸ってどういう意味?分譲賃貸マンションについてご紹介!|次へ ≫

賃貸物件でオール電化?オール電化の概要とメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件でオール電化?オール電化の概要とメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件の条件のなかで人気を博しているのが、「オール電化」です。
ガスを使わず、すべて電気を使用するため、安全面で定評があります。
そのため、一人暮らしやお子さんがいる家庭にとくに人気が高くなっています。
そこで、今回はオール電化の概要とメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の好条件であるオール電化とは

オール電化とは、すべてのエネルギーを電気でまかなうことです。
キッチンやお風呂はもちろんのこと、給湯器や空調設備まですべての設備を電気で動かします。
当然のことながらガスを使わないため、ガスコンロではなくIHを使います。
また、お風呂のお湯もエコキュートを使い、電気で沸かすのです。

賃貸物件の好条件であるオール電化のメリット

オール電化のメリットは以下の3つです。

●火災が起きにくい
●光熱費を一本化できる
●復旧が早い


オール電化住宅は、IHヒーターをガスコンロの代わりに使用するため、火を使いません。
火が燃焼しないということは、火災が起きる危険性がないということになります。
次に、光熱費を一本化できると何が良いのでしょうか。
それは、支払いの手間が減り、支出の管理もしやすくなります。
また、すべての設備が電気で動いているため、故障した場合の対応の手間が減ります。
そして、災害時の安全面に定評があり、復旧スピードもガスより電気のほうが早くなっています。
東日本大震災を例に挙げると、ガスの復旧には約5週間を要しました。
しかし、電気はその1/5の1週間で復旧し、オール電化の物件ではキッチンもお風呂も使えたそうです。

賃貸物件の好条件であるオール電化のデメリット

オール電化のデメリットは以下の2つです。

●停電時にすべての設備が使えなくなる
●ガスに比べ火力が弱い


オール電化の最大のデメリットは、停電が起きた際に、物件の設備がすべて機能しなくなるという点です。
とくに、冬場の停電は生活に深刻な影響を与えます。
空調など温める設備が使えなくなるのです。
停電対策として、電気が復旧するまでの代替手段を準備しておく必要があります。
また、IHヒーターはガスコンロに比べて火力が弱いのです。
今までガスコンロを使用していた方は不便に感じることがあるかもしれません。

まとめ

今回はオール電化の概要とメリット・デメリットをご紹介しました。
人気好調のオール電化ですが、メリットだけではありません。
賃貸物件を契約する際には、自分の生活スタイルと設備を確認して選んでくださいね。
私たちアパマンショップ三木店は三木市、小野市周辺の賃貸物件の情報を豊富に取り揃えております。
お引っ越しをご検討されている方はぜひ当社にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件のベランダを目隠しする方法をご紹介!   記事一覧   分譲なのに賃貸ってどういう意味?分譲賃貸マンションについてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店
    • 〒673-0532
    • 兵庫県三木市緑が丘町中2丁目1-10
    • TEL/0794-87-7888
    • FAX/0794-85-3731
    • 兵庫県知事 (9) 第350179号

      (公社)兵庫県宅地建物取引業協会
      (公社)全国宅地建物取引業保証協会
      全国賃貸管理ビジネス協会
      アパマンショップネットワークFC加盟店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約