三木市周辺の賃貸|株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店 > 株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の中部屋に住むメリット・デメリットとは?

賃貸物件の中部屋に住むメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|賃貸物件の1階に住むのはおすすめ?メリットとデメリットとは?   記事一覧   賃貸物件の角部屋のメリットとデメリットとは?|次へ ≫

賃貸物件の中部屋に住むメリット・デメリットとは?

賃貸物件の中部屋に住むメリット・デメリットとは?

賃貸マンションやアパートを探していると、中部屋や角部屋と掲載されている広告を見ることもあるでしょう。
そこで今回、中部屋の特徴とメリット・デメリットについて解説します。
ぜひ、賃貸物件を探している方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の中部屋のメリットとは?

中部屋のメリットは3つあります。

冷暖房効率が良い

中部屋は両隣が部屋になっているため、外気に対して直接触れていないことが特徴となっており、窓の数が少ないことが多いです。
中部屋は、隣に部屋があるので、それ自体が断熱層の役割を果たしてくれます。
角部屋と比べると、冬の冷気や夏の暑い外気が入りにくいことから冷暖房が効きやすくなるといえます。

家賃が安い

住戸数が多いことから、家賃が安めに設定されています。
角部屋は、戸数が限られます。
中部屋は、建物の大きさにより部屋数が多いことから家賃が抑えられる傾向があります。
とくにこだわらなければ、家賃が安い中部屋はメリットとなります。

外の騒音が伝わりにくい

2面の壁に覆われていることから、車の音や話し声などが聞こえにくくなります。
遮音性の高いサッシで対応している角部屋でも片面の窓より音が入ってくることもあるでしょう。

賃貸物件の中部屋のデメリットとは?

デメリットは3つあります。

騒音トラブルが発生するケースがある

足音や物音が上下階や隣に響きやすく、時間帯によっては苦情が入ることもあります。
そのため、カーペットなどを引いたり防音クッションを引いたりする対策をしなければなりません。
ただし、1階の場合は隣近所の対策となりますので大きな声を出さないようにする、段ボールなど壁に貼り付けるなどの対策をすると音の伝わりを抑えられるでしょう。

日当たりが悪い

部屋の向きにより、日光が入ってこない賃貸物件もあります。
そのため夜勤で日中寝ている方にはおすすめですが、洗濯物を外に干す方には向いていません。

玄関前の人の行き来がある

室内を換気する際、窓を開けるのが一般的ですが、中部屋は共用廊下を人が行き来することが多くなります。
そのため、プライバシー確保ができないことや防犯対策から窓を開けられない可能性が考えられます。

まとめ

中部屋には、それぞれに良い点と悪い点があります。
子どもの泣き声などは、どの賃貸物件でも騒音トラブルに発展する可能性が考えられます。
家賃設定や間取り、騒音の伝わり方などメリット・デメリットを把握したうえでお部屋選びをおこないましょう。
私たちアパマンショップ三木店は三木市、小野市周辺の賃貸物件の情報を豊富に取り揃えております。
お引っ越しをご検討されている方はぜひ当社にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件の1階に住むのはおすすめ?メリットとデメリットとは?   記事一覧   賃貸物件の角部屋のメリットとデメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店
    • 〒673-0532
    • 兵庫県三木市緑が丘町中2丁目1-10
    • TEL/0794-87-7888
    • FAX/0794-85-3731
    • 兵庫県知事 (9) 第350179号

      (公社)兵庫県宅地建物取引業協会
      (公社)全国宅地建物取引業保証協会
      全国賃貸管理ビジネス協会
      アパマンショップネットワークFC加盟店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約