三木市周辺の賃貸|株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店 > 株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしにおすすめな賃貸物件の間取りをご紹介

一人暮らしにおすすめな賃貸物件の間取りをご紹介

≪ 前へ|賃貸物件の部屋の方角!鬼門や裏鬼門の意味やポイントとは?   記事一覧   三木市の住みやすさとは?交通アクセス情報や特産品もご紹介!|次へ ≫

一人暮らしにおすすめな賃貸物件の間取りをご紹介

一人暮らしにおすすめな賃貸物件の間取りをご紹介

一人暮らしを予定しているけれど、どのような間取りを選べば良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ファミリー向けの物件では部屋数も多く広いので家賃が高くなります。
そのため、一人暮らしをする際には広さと家賃のバランスを考えた物件を探す必要があるでしょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の間取りの違いとは?一人暮らしにおすすめなのは?

部屋を借りたいと考えたときに、まずはインターネットを活用して物件情報の収集をする方も多いと思います。
そして、単身用の物件を探していると、ワンルームや1Kという間取りが多く出てくるでしょう。
ワンルームと1Kはどういった違いがあるのでしょうか。
ワンルームは部屋の中にキッチンがあるのに対し、1Kは居住スペースのドアを隔ててキッチンがある物件になります。
家賃にも違いがありワンルームのほうが安いという傾向があります。
物件の広さはさまざまですが、ともに20㎡~25㎡が主流になります。

一人暮らしにおすすめな間取りがワンルームの賃貸物件

ワンルームの賃貸物件の最大のメリットとは家賃が安いということです。
そして、部屋が一つしかないので電気代を安く抑えることもできます。
部屋が複数あると、照明器具をその数だけ設置するので電気代もかかります。
また、部屋に仕切りがないので掃除がしやすいということがあげられます。
一方で、このタイプは部屋の中にキッチンがある間取りなので、調理をするとにおいが部屋中に広がってしまうというデメリットがあります。
このような背景から、費用を安く抑えたい方や自炊の頻度が高くない方におすすめの間取りです。

一人暮らしにおすすめな間取りが1Kの賃貸物件

1Kの賃貸物件のメリットとは、居住スペースとキッチンが別の部屋になるので、生活にメリハリをつけることができる点です。
たとえば、キッチンで調理をして居住スペースで食べるなど、そのシーンごとに空間を使い分けることができるということです。
そのため、調理中のにおいが居住スペースに広がることがありません。
また、防犯面でのメリットがあります。
居住スペースにドアがあるので、来客が訪れた際に玄関先から部屋全体が丸見えになることがないので安心です。
一方で、このタイプは仕切りがある分同じ広さのワンルームと比較すると、使用できる空間が狭くなってしまうというデメリットが生じます。
1Kは、自炊の頻度が高い方や水回りと居住スペースを分けたい方におすすめの間取りです。

まとめ

一人暮らしを予定している方には、ワンルームや1Kの間取りの賃貸物件が適しています。
双方とも物件の広さは同じ位ですが、それぞれに違う特徴があるので、自身のライフスタイルに合ったほうを選ぶことをおすすめします。
私たちアパマンショップ三木店は三木市、小野市周辺の賃貸物件の情報を豊富に取り揃えております。
お引っ越しをご検討されている方はぜひ当社にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件の部屋の方角!鬼門や裏鬼門の意味やポイントとは?   記事一覧   三木市の住みやすさとは?交通アクセス情報や特産品もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店
    • 〒673-0532
    • 兵庫県三木市緑が丘町中2丁目1-10
    • TEL/0794-87-7888
    • FAX/0794-85-3731
    • 兵庫県知事 (9) 第350179号

      (公社)兵庫県宅地建物取引業協会
      (公社)全国宅地建物取引業保証協会
      全国賃貸管理ビジネス協会
      アパマンショップネットワークFC加盟店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約