三木市周辺の賃貸|株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店 > 株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の契約期間とは?なぜ2年が多いのかを解説

賃貸物件の契約期間とは?なぜ2年が多いのかを解説

≪ 前へ|兵庫県三木市の子育てや新生活でもらえる補助金制度とは?   記事一覧   賃貸物件で二人暮らしをしたい場合の間取りとは?判断ポイントをご紹介|次へ ≫

賃貸物件の契約期間とは?なぜ2年が多いのかを解説

賃貸物件の契約期間とは?なぜ2年が多いのかを解説

ご存じの方も多いと思いますが、賃貸物件の契約期間は2年に設定されていることがほとんどです。
そのため、契約満了になる少し前に更新の意思を確認され更新の際は手続きが必要です。
また、契約満了のタイミングで退去を申し出れば問題はないのですが、何らかの事情で途中解約をしなければならないこともあるでしょう。
今回は、賃貸物件の契約期間や更新、途中解約について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の契約期間に2年が多い理由

賃貸借契約を結ぶ際、物件によって異なる契約期間ですが、多くは2年となっています。
借地借家法29条に「期間を1年未満とする建物の賃貸借は、期間の定めがない建物の賃貸借とみなす」とあり、借主を守るために1年未満の契約期間について避けられいるのが理由です。
ただし、実際には何らかの事情で短期間で引っ越しをしなければならないケースもあります。
そのため、2年という期間は設定されていますが、絶対に守らなければならないという決まりはありません。
また、契約期間が3年以上になるとライフスタイルの変化に対応ができなくなる可能性もあるので、便宜上2年と設定する貸主が多いのです。

賃貸物件の契約期間更新について

賃貸借契約には、普通借家契約と定期借家契約という2種類があります。
普通借家契約は更新が可能ですが、定期借家契約は契約期間の満了と同時に退去を求められます。
普通借家契約であれば、契約満了日が近づくと貸主から通知がきます。
手続きをおこない、契約を更新します。
その際、必要書類があったり、費用がかかるのでその用意を忘れることがないように注意が必要です。
退去を予定していれば、退去日の1か月前までに解約を伝えないと、更新料が発生する可能性があります。

賃貸物件の契約期間の途中解約について

仕事の都合などにより、契約期間の満了を待たずに引っ越しをしなければならないケースもあるでしょう。
この場合には、まず最初に貸主へ速やかに連絡をして解約手続きを進めます。
途中解約には違約金が発生することもあるので注意が必要です。
違約金の額は物件によってさまざまで、1年未満での解約に限り発生することもあれば、1年以上住んでも家賃の3か月分を請求されることもあります。
ただし、入居時に支払った敷金が違約金に充てられる場合もあるので必ず確認をすることです。

まとめ

普通借家契約の契約期間は一般的に2年となっています。
契約満了が近づくと、更新か解除かの意思表示を必ず貸主におこなう必要があります。
一方で、何らかの事情で途中解約を申し出る際には、速やかに貸主に連絡をしましょう。
私たちアパマンショップ三木店は三木市、小野市周辺の賃貸物件の情報を豊富に取り揃えております。
お引っ越しをご検討されている方はぜひ当社にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|兵庫県三木市の子育てや新生活でもらえる補助金制度とは?   記事一覧   賃貸物件で二人暮らしをしたい場合の間取りとは?判断ポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEでお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ミナミホーム アパマンショップ三木店
    • 〒673-0532
    • 兵庫県三木市緑が丘町中2丁目1-10
    • TEL/0794-87-7888
    • FAX/0794-85-3731
    • 兵庫県知事 (9) 第350179号

      (公社)兵庫県宅地建物取引業協会
      (公社)全国宅地建物取引業保証協会
      全国賃貸管理ビジネス協会
      アパマンショップネットワークFC加盟店
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約